『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第3話あらすじ(ネタバレ)と考察

2021年1月期

 

こちらの記事は、松井玲奈さん主演のドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第3話あらすじ(ネタバレ)記事です。

いよいよズルい女度、加速してます。

 

第1話のネタバレはこちら↓

松井玲奈主演『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第1話ネタバレ
2021年1月11日にフジテレビでスタートした松井玲奈さん主演の『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』 FODオリジナルドラマとして全8話がすでに配信されています。 仕事も恋も遊びも一通り経験してきた30歳 ...

 

第2話のネタバレはこちら↓

『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第2話ネタバレ
こちらの記事は、松井玲奈さん主演のドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第2話ネタバレ です。 第1話のネタバレはこちら↓ 『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第2話ネタバレ 肌のきめ細か...

 

第2話でちょっと失速気味だなぁと感じたものの、第3話を観てみたらまた面白くなってきました。

まだ見ていない方はご注意ください。

 

『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第3話あらすじ(ネタバレ)

<私はずるい>

そんな心のつぶやきからスタートする第3話。

 

電話でお見合い相手・河合から麻布のフレンチに誘われる志乃。

麻布のフレンチ=大人の街の大人のデートに誘われた自分の年齢を痛感します。

 

家に戻ると、マンションの前には真雪が。

真雪のことを手放すことができない自分のことを、志乃はずるいとわかっています。

わかっちゃいるけど~寒い中、自分を待っていた真雪を部屋にあげちゃいます。

 

真雪のためにミルクを温める志乃に、真雪はクリスマスイヴの返事を聞きます。

すると「イヴはお見合い相手と会うから」とさらっと返す志乃。

 

そんな志乃に近づき、真雪は後ろからハグ。

「これが一番あったかい」と告げるのです。

 

真雪に返す言葉がない志乃は

<私はいつか彼を手放す。その日は近い>

と心の中でつぶやきます。

 

お見合い相手へのクリスマスプレゼントに悩む志乃。

無難で実用的な感じのものと、と考えます。

 

プレゼントについて妊婦である友人に電話で相談すると、高級なリップクリームはどうかと言われます。

「気を遣わせない金額にはおさまりそうだね」と返す志乃は、

「どうせ森山(志乃)の唇に返ってくるんだから。聖夜にエッチしない男女いないから」

と言われてしまうのです。

 

お見合い相手へのプレゼントを選ぶはずが、手にしてしまったのは真雪に似合いそうな赤いニット帽。

結局、買ってしまいます。

 

なにやってるんだろう、と言いながらも、せっかく買ったんだからと誰も聞いてない言い訳を自分にしてから真雪にラインをします。

 

しかし、真雪は23日もその前の日も、その前も予定がある、と返してくるのです。

 

クリスマスイヴ当日。

河合との待ち合わせ場所に到着した志乃。

 

お店への階段を上がったところで、真雪から『今日、お見合い相手と会ってるんだよね?明日25日は会える?』とラインが入ります。

 

散々、自分からの誘いを断ったくせに今更?と志乃は入りかけた店に背を向け、階段を下りて真雪に電話をかけます。

 

すると、真雪は風邪をこじらせ寝込んでいるというのです。

 

その電話中、河合がやってきて志乃に声をかけたことで切れる電話。

河合の声が聞こえちゃったんでしょうね~

 

河合との食事もあまりのどを通らない志乃。

真鯛をひらめと言ってしまったりと、気もそぞろ。

 

そんな志乃に河合は

「何かあったんでしょ?」

と聞いてきます。

(わかりやすすぎて、誰が見てもわかるわ)

 

志乃は意を決して、河合に告げます。

「私、結婚相手ができるまでという条件付きでお付き合いしている人がいます。絶対に結婚できない人です、10個年下の男の子だから。その子が今体調を崩していて。だから・・・」

と、衝撃の告白をします。

 

すると、

「行ってもいいですよ、行ってあげてください」

とまさかの快諾。

 

驚きながらも席を立った志乃に、河合も衝撃の告白をします。

 

「実は、僕も付き合っている人がいます。学生からの付き合いだからかれこれ15年間。僕の付き合っている人も絶対に結婚できない人です。仕事一筋、結婚願望が全くない女性です。僕は結婚したし、子供も欲しい。何度もぶつかりました。今年で35歳。しびれを切らしてお見合いをしました。でもやっぱり彼女を捨てきれずにいる。森山さんも一緒みたいですね」

 

どっちもぶっちゃけすぎでしょー!

お見合いってそういうものなのー?

 

で、なぜか「いえ、私は関係を切ろうと思えばすぐに切れるんです」と言い返す志乃。そこ謎。

でも、河合は「それなら僕たちこのまま付き合いませんか?」ともっと謎の提案。

 

驚く志乃に、

「お互い結婚したいもの同士。要領がいいと思います」

と告げるのです。

 

真雪が目を覚ますと、そこには志乃の姿が。

「風邪ひいて良かった」

と笑う真雪に志乃は

「私、お見合い相手と付き合うことにした」

と報告。

 

真雪は

「そっか、もっと志乃さんと会っとけばよかったかな」

と言い、

「あれ、開けてみて」

と紙袋を指さします。

 

「それを買うために仕事以外にバイト入れすぎて」

バイト入れないで志乃に会っておけばよかった、と後悔するのです。

 

袋の中にはアクセサリーが。

私にはどこのブランドかわかりませんでしたが、どうやら真雪には簡単に買えるようなブランドではない様子。

 

「背伸びして、年下の変なプライドで・・・」

と言う志乃に

「違うよ」

と返す真雪。

 

「捨てられないくらい高級なものを、と思ったから。俺、いつか消えるでしょ?だから残るものをあげたくて」

 

自分という存在は捨てられてしまうから、せめて自分との思い出を志乃の手元に残したい。

で、捨てられないほどの高級なアクセサリーを買うために仕事とバイト掛け持ちして風邪をこじらせるとか、けなげすぎでしょー!

 

と思ったのは志乃も同じで、真雪の言葉に胸を打たれます。

 

そして真雪に背中を向けたまま、

「で体壊して?バカじゃないの、だから子供は」

と返しますが、

「しばらくは私の家から仕事に通いなさい。きちんと食事作ってあげるから」

と続けます。

 

「それって一緒に暮らすってこと?」

と喜ぶ真雪に

「違う」

と返す志乃。

 

「高級なものをもらったお返し。ただのクリスマスプレゼント」

と返しますが、苦しい言い訳。

 

そんな志乃に、真雪は素直に

「ありがとう、志乃さんた」

とダジャレを返して笑うのです。

 

全然、切る気ないじゃん・・・

お見合い相手と付き合いながら同棲スタートってむしろ残酷すぎる・・

ほんと、志乃ってズルくてひどい女!!!

けど、こういうひどい女の方がモテたりするんですよね~(しみじみ)

 

翌日、職場で打ち合わせをする志乃。

どうやら新しいCMのキャラクターを探している様子。

 

40周年にふさわしい大人でフレッシュな女優を、と志乃が提案した遅咲きでブレイクした『逢坂美鶴』に決まります。

(この逢坂美鶴が今後、志乃、真雪、河合の三角関係に入り込んでくるんです)

 

その夜、マンションの前には赤いニット帽を被った真雪がの姿が。

(ニット帽をあげたシーンは無いので推測ですが、おそらく志乃があげたプレゼント)

段ボール1個の荷物を持ち、引っ越してきました。

 

あまりの荷物の少なさとウキウキした真雪に、

「私の結婚が決まったら別れるんだからね」

とくぎを刺します。

 

すると真雪は、

「わかってる。だから一秒たりとも無駄にしたくなくて」

だから荷造りを簡単にしてやってきたんです。

可愛すぎる~!

 

真雪の言葉にうなずく志乃。

ふたりで部屋に入ると、真雪に合いカギを渡します。

期間限定の同棲生活スタートです。

 

お風呂に入っている真雪にタオルを準備したり、二つ並んだ歯ブラシをみて笑顔になる志乃でしたが、鏡にうつる自分を見て、我に返り、

<この生活は誰かと結婚した時のため。要領よく生きるため>

と名目と称した言い訳を自分自身にするのです。

 

こうして同棲生活がスタートするのですが、志乃が帰ってくると玄関先の廊下には、真雪の脱いだ靴下が!

(私もこういうのやだー!)

 

部屋に入るとキッチンに立つ真雪。

もうキッチンもめちゃくちゃ!

(年下だから、じゃなくて真雪が何も出来ないだけ)

 

洗濯物をたたんで、と頼むと、たたむというより丸めただけ。

(こういうのも年下関係なくダメなだけじゃん)

 

あきれ顔の志乃に真雪は志乃の下着を手にして喜んだりと、志乃は自分の生活のペースを乱されていくのです。

 

それでも河合とのデートはやってくる。

ということで、ふたりで鍋を囲みながらのデート。

ちゃんと取り分けてくれて大人の男っぷり全開です。

 

そこで話題は、志乃の仕事の話に。

 

40周年記念のCMの話になり、女優の逢坂美鶴を起用したいと考えていると話すと、様子がおかしくなる河合。

しかし、仕事の顔と女の顔にキャップ萌えです、とごまかします。

(これ、逢坂美鶴が絡んでくるぞって伏線ですね)

 

河合とのデートを終え、お風呂に入らず寝ようと思うものの、真雪が家にいることを思い出します。

 

そして家の扉をあけるとまたしても玄関前の廊下には、真雪が脱ぎ捨てた靴下が転がってます。

ため息をこぼしながら部屋に入ると、またまたキッチンは散らかり放題。

しかも部屋も散らかし放題。

 

呆然とする志乃ですが、真雪は着替えもせず、志乃のベッドで寝てしまっています。

 

自分は疲れていてもお風呂に入らなきゃと真雪に気を遣っているのに、真雪はやりたい放題。

「別にいいけど!私ももう寝る!」

とイライラしながらソファで寝ることに。

 

志乃がソファに横になり、目を瞑った頃。

毛布だけを掛けて寝ている志乃に、真雪はそっと掛け布団をかけてあげます。

 

そして、

「お見合い相手と会ってたんでしょ?どんな顔して待ってればいいのかわかんないよ」

と志乃の寝顔に向かって話しかけるのです。

 

真雪は志乃の寝顔に口づけしようとしますが、やめてうっすらと笑うと

「一緒に住むって意外と大変なんだね」

とこぼします。

 

真雪がベッドに戻ると、志乃は目を開きます。

真雪の言葉を聞いていたのです。

 

何も言わない志乃でしたが、同じことを思っている様子。

近くにいるのに少しずつ溝が空いていく二人なのでした。

 

第3話はここまで

 

『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第3話考察と今後の見どころ

自分のことを一心に思ってくれる年下の彼か。

要領よく結婚できる年上の彼か。

 

まー贅沢な悩みすぎてうらやましいですわ。

美人ならではの悩みというのでしょうか。

 

管理人の友人にも何人か美人さんはいますが、美人さんだからといって普通の人よりも特別幸せか?というとそうでもなかったりします。

 

それは美人さんほど、欲しいものが手に入る人生を送ってきている分、多くのことを欲しがる傾向にあることが原因だと考えています。

これは良い悪いじゃなく、送ってきた人生経験の違いによる価値観の差。

 

なのでこのように悩みの次元が違うこともあるので、一概には理解できませんが、幸せになりたいというのは共通の思い。

 

自分にとって何が幸せなのか?

志乃は気づくことができ、そしてそれを認めることができるのか?

そのあたりが今後の見どころかな、と思います。

 

まとめ

『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』第3話あらすじ(ネタバレ)と考察をご紹介しました。

 

恋愛も結婚も30歳を過ぎた頃からうまくいかない。

という方は共感できるドラマなのではないでしょうか。

 

それにしても松井玲奈さんってアイドルだった感がすっかりなくなりましたよね。

つい数年前までフリフリした衣装で歌って踊ってたとか信じられないくらい大人の女優さんになった気がします。

 

管理人にとって好きな女優さんになりつつあるので、今後も継続して視聴していきます。

 

全話配信はFODプレミアムにて。

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

 

タイトルとURLをコピーしました