第10話(最終話)レビュー【SATC新章】AND JUST LIKE THAT…|あらすじ&みどころを徹底解説

【SATC新章】AND JUST LIKE THAT…
https://video.unext.jp/

大人気海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティー(SATC)』の続編となる『AND JUST LIKE THAT…(アンド・ジャスト・ライク・ザット…) / セックス・アンド・ザ・シティ新章

 

 

こちらの記事では、『AND JUST LIKE THAT…(アンド・ジャスト・ライク・ザット…) / セックス・アンド・ザ・シティ新章』の最終話である第10話を実際に観た私があらすじや見どころについて徹底解説していきます!

 

 

【SATC新章】AND JUST LIKE THAT…|第10話あらすじ

第10話:それぞれの結末(原題:Seeing the Light)

 

ポッドキャストの収録をこなすキャリー。

だんだんと自分のことを話すことにも慣れてきて、面白いやり取りが出来るようになってきた。

「最悪の別れ話」というお題でも、ビッグの話ができるほどに。

(ドラマを観ているとわかりにくいですが、ビッグが亡くなってからすでに1年以上が経っています)

 

キャリーの部屋。

靴を取り出しながら、そばにあるビッグの位牌に向かって「デートに行くけど、構わない?」と尋ねます。

 

ピーターとのデートに出かけたキャリー。

ふたりは意気投合した様子で会話を楽しみながら、夜道を歩いています。

 

キャリーの家の前に着くと、みつめあう二人。

ピーターは「きみにキスしたい。キスしていい?」と尋ね、キャリーはうなずきキスを交わします。

「キズを負った二人の終わりには上出来だったと思うけど」と言葉を交わし、キャリーは部屋へと帰ります。

 

 

男性とベッドにいたシーマの電話が鳴ります。

相手はキャリー。

ピーターとのデートの報告がてら電話したのです。

 

魅力的だし、楽しかったけど、キスは唇が触れただけで驚きが無かった、とキャリー。

してもいいかと聞かれて契約をしたかのようにするキスは、私は知らないと。

電話口のシーマがしているキスがそう、と告げながら、電話を切ることに。

(邪魔しちゃ悪いもんね)

 

 

キャリーは読書用のランプを消して眠りにつこうとするが、点灯。

消しても消しても、なぜか点灯するのです。

 

翌日のブランチタイム。

読書用のランプがつくのはビッグが私に怒ってるからだ、とミランダとシャーロットに報告します。

 

 

どういうこと?とミランダ。

キャリーは、「昨日の夜、ピーターとキスした。ビッグ以外の人とキスするなんて変な気分だった。そしたらそのあとに読書用のランプが勝手についたり消えたりした。ビッグがランプでうったえてるのかも」と。

 

キャリーは超常現象は信じない方だけど、信じているシャーロットは、だとしてもビッグが天国から二度と誰ともキスするなーなんて言ってるとは思えない、と。

 

するとミランダは、シャーロットの天国という言葉に反応。

天国があると思ってるの?ビッグは雲の上に座って葉巻ふかしてるとでも思ってるの?とキャリーに聞きます。

キャリーはそう信じたい、と答えます。

 

そして、前は(天国があると)信じてなかったけど、最近はいろいろあったから不確かなことに対する考えを変えた、と。

否定する証拠がないなら可能性はあるってこと、とシャーロット。

 

結局のところ、『キャリーはピーターとのキスに対して、ビッグへの罪悪感を抱いているのだ』という話で落ち着きます。

 

そこに食事が運ばれてきて、話はミランダのたのしい話に。

チェに家族に合わせると言われてウキウキなのです。

 

家族に合わせるなんて一歩前進ね!と言ったシャーロットにメッセージが入ります。

ロックのバト・ミツバのためのラビが決まったというのです。

 

しかもトランス。

まさにうってつけのラビを見つけることができたと大喜びします。

 

※『バト・ミツバ』とは、ユダヤの成人式のこと。女の子は12歳で”バトミツバ (Bat Mitzvah)”と言い、男の子の成人は13歳で”バル・ミツバ(Bar Mitzvah)”と言うそうです。

 

 

キャリーは自分の部屋でスマホを手にし、「サマンサ・ジョーンズ」をタップ。

サマンサに『キスした』とメッセージ。『前進ね。どうだった?』と返信が。

『ビッグじゃなかった』と返すと、『スモールか』と返信が返ってきます。

そして、『話せる?』と返すと、『そのうちね』と返ってきます。

今まではこの手の質問には返信をくれなかったサマンサからの、初めての答えでした。

 

キャリーがスマホを置き、クローゼットへ行こうとすると、また読書用ランプがつくのです。

 

翌日、キャリーは読書用ランプを修理に出します。

付いたり消えたりするのは古いから?と修理工に聞くと、無いですとあっさり。

果たして直るのか?

 

 

アンソニーがロックのバトミツバで出すパンをシャーロットとハリーが試食。

味が斬新すぎるともめているところに、ロックと会っていたラビがやってきます。

 

「遠回しなことは言いません。素晴らしい子。全く何も準備していないから大失敗するでしょう」と笑顔で告げるのです。

 

シャーロットとラビがロックのことでもめ始めると、アンソニーがロックのところへ行きお説教。

自分の苦い経験を話て諭し、ロックは初めて自分がピンチであることに気づかされるのですが、果たして。。。

 

 

ミランダはチェに呼ばれた場所へ。

家族に会うつもりできたのに、他にもたくさんのお客さんが。

何が始まるのかさっぱりわからないミランダ。

 

チェはステージへ行き、歌を歌い、そして衝撃的な報告をするのです。

その報告は、ミランダの今後を大きく左右するものでした。

 

果たしてミランダはどう決断するのか?

 

キャリー、ミランダ、シャーロットは、それぞれにどんな結末を迎えることになるのか。

続きはU-NEXTでお楽しみください

 

 

【SATC新章】AND JUST LIKE THAT…|第10話みどころ

とうとうAND JUST LIKE THAT…も最終話。

『それぞれの結末』というタイトルなだけあって、キャリー、ミランダ、シャーロットの3人はそれぞれにとっての『正しいと感じること』を見つけ、実行に移します。

 

 

世の中には『絶対にこれが正しい!』という答えはない。

いろいろと迷いながらも、自分にとっての正解を見つけ出し、決断するしかない。

自分がしあわせになれることなんだと信じるしかない。

 

 

自分の選択を信じ、勇気をもって前に進めば、また新たな道は開かれるもの。

それはいくつになっても同じで、人生はまさに選択の連続なんだなとしみじみと感じました。

 

 

3人はどんな決断をするのか?

観ることができるのはU-NEXTだけです。

 

まとめ

セックス・アンド・ザ・シティーの続編である『AND JUST LIKE THAT…(アンド・ジャスト・ライク・ザット…) / セックス・アンド・ザ・シティ新章』最終話である第10話のあらすじと見どころをご紹介しました。

シーズン2では、サマンサの姿も観れると良いですね。。。

 

 

U-NEXTには、31日間のトライアルがあるので全10話まとめてみるのもありですよ~

『AND JUST LIKE THAT…(アンド・ジャスト・ライク・ザット…) / セックス・アンド・ザ・シティ新章』が全10話観れるのはU-NEXTだけ(2022.3現在)

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください

 

 

◆【SATC新章】AND JUST LIKE THAT…|全10話あらすじ・見どころ・感想<まとめ>

 

タイトルとURLをコピーしました