『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第3回あらすじ(ネタバレ)と個人的考察

2021年1月期

こちらの記事は、1月22日に放送された『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第3回あらすじ(ネタバレ)と個人的考察の記事です。

 

バイプレーヤーズとは、名脇役たちが本人役で出演し、各局のパロディードラマをバイプレウッドという撮影所で撮影しているところを描いたドキュメンタリードラマ。

松重豊さんのナレーションで、ドラマ撮影の苦労や裏話がわかっちゃう!面白いドラマです。

そしてなぜか遠藤憲一さんは、国際派俳優を目指してフィリピンにいます。

 

第1回目のネタバレ記事はこちら↓

登場人物多すぎ!『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第1話ネタバレ
2021年1月8日からスタートした『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間』 名脇役たちが本人役で出演するというドタバタドラマです。 バイプレイヤーズ シリーズについて バイプレイヤーズは、テレビ東京にて ...

第2回のネタバレ記事はこちら↓

『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第2回あらすじ(ネタバレ)と考察
こちらの記事は、1月15日に放送された『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第2回ネタバレと個人的考察の記事です。 バイプレーヤーズとは、名脇役たちが本人役で出演し、各局のパロディードラマをバイプレウッドという...

 

第3回は、8スタで撮影している医療ドラマ『ドクターZ・5』が主役です。

まだ見ていない方はご注意ください。

 

『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第3回あらすじ(ネタバレ)

第3回は8スタで撮影されている観月ありさ主演の医療ドラマ「ドクターZ・5」が主役。

このドラマはシリーズもので、現在はシリーズ5作目となる人気ドラマです。

 

従来は、平和でポップな医療ドラマだったものの、今回の5作目はイケメンの天才外科医が死ぬという驚きの第1話からスタート。

 

それから今までとは大きく路線変更をし、海外ドラマのような激しいノリを重視。

救急車のカーレースや看護師のセクシー衣装、そして入院患者の発砲襲撃事件、滝藤賢一扮する先輩外科医のアメリカ海軍ばりのスパルタ指導、さらに観月ありさ扮する主役への個人攻撃と過激なテイストになっていました。

 

ある日、出演者たちはプロデューサーに呼ばれます。

出演者たちは視聴率の良さから金一封が出ると思い込んでいたのですが、渡されたのは視聴者から届いた一通の封書。

 

そこには、今期のドラマに対するクレームが書かれていたのです。

 

『観月ありさは健気で素晴らしいが、今までのシリーズにくらべて全体的に刺激が増したことが物語をつまらなくしている。

特に、滝藤賢一の外山道夫役の横暴ぶりが目に余る。

殺伐とした今の時代に求められる平和で心の温まるドラマの復活に期待。

くだばれ滝藤、がんばれ観月

小田原市還暦を迎えたドラマ大好きじじいより』

 

と、書かれていました。

 

どうせありさちゃんのファンでしょ、という滝藤にプロデューサーは、この手紙がスポンサー各所に送られていることを告げます。

 

そして、広告代理店からも指摘があり、コンプライアンス重視路線へと変更せざるを得ない状況に。

 

コンプライアンスは魔物。

たたかれそうなところを先回りしてつぶしていくことで、いつの間にか作品が別物になってしまう、という状態になるそうです。

 

結果、滝藤賢一は役を下ろされることになります。

もちろん、滝藤賢一は憤慨。

台本通りやってるのになぜ自分が下ろされなければならないのか、と大暴れ。

忙しすぎるバイプレーヤーは情緒不安定です。

 

そこに現れたのは、滅多にドラマには出演しない寺島しのぶ。

滝藤賢一が荒らした病院を救うべく現れた医局長役としてお付きふたりをつれて登場します。

 

元々このドラマが好きだったという本人の希望もあり、新たに投入されることになったのです。

 

真面目で正義感の塊、コンプライアンスを守ることに長けている人格者。

寺島しのぶ出演に盛り上がる他の出演者たちに滝藤賢一は面白くなく暴れますが、どんどん裏目に。

 

とうとう、スタジオから締め出されてしまいます。

喚き散らしながら走り去る滝藤賢一。ちょー怖いです。

 

滝藤賢一が去り、寺島しのぶが参戦しての撮影はNGもなく、順調に進んでいきます。

女性陣は差し入れである高級きんつばにも大喜び。

 

しかし、順調と思われた撮影は、実はそうではなかったのです。

 

共演者である森下能幸と宇野祥平が、『寺島しのぶの役にはコンプライアンス違反がある』と言い出すのです。

しかもながーい短冊みたいな紙にびっしり!

 

「女らしい」「典型的なA型」「お弁当を少しだけ残している」「高いヒールはどうなのか」などちっちゃなことをねちねちと。

 

しかし、叩かれそうなシーンであることには間違いない!とコンプライアンス違反におびえるプロデューサー判断により、該当箇所の撮り直しすることになります。

 

そして、セカンドオピニオンをする医師として滝藤賢一が復帰!

ゆで卵というお粗末な差し入れと共に現場に現れます。

 

そして同時に、コンプライアンスに振り回され、持ち味を発揮できなくなってしまった寺島しのぶ。

バイプレウッドの奥で、ひとりハンカチを噛みながら耐え忍びます。

(ハンカチを噛むって演出が古すぎる)

 

滝藤賢一は復帰できたことを大喜びするも、そのハイテンションぶりは猟奇的。

(これで本当に薬でもやってたらやばい)

 

対して、落ち込む寺島しのぶ。

二人の仲はさらに険悪になり、主演の観月ありさもどうしたもんかと悩んでしまいます。

 

時を同じくして、国際派俳優を目指す遠藤憲一も苦境に立たされていました。

遠藤憲一は、国際派俳優どころかフィリピンでホームレス一歩手前になっていたのです。

 

一方、コンプライアンス問題はバイプレウッド全体を襲い始めます。

バイプレーヤーが総勢100人出演する仁侠映画『アウトローの森』があおりを受けてしまうのです。

 

カーチェイス時にはシートベルトを。

銃撃戦はダメ。

基本、話し合いで解決。

 

その方針にしないと出資元が出資しないと言い出したため、アウトローの森はただの森になりかけます。

(もめごとを話し合いで解決するおじさん100人が出る映画って・・・)

 

そして8スタでは、またまたもめごとが勃発。

今度は、ふせえりと宍戸美和公が難癖をつけ始めます。

 

滝藤賢一のセリフにあるコンプライアンス的NGを指摘し始めるのです。

 

さらに寺島しのぶが、滝藤賢一の降板を求めるサイトを見つけます。

 

そこには、『縮れた髪の毛が公序良俗を害する恐れに抵触する恐れがあり、コンプライアンス重視の観点から降板を求めます』と書かれていました。(なにそれ・・・)

 

森下も、たしかに滝藤賢一の髪型は縮れててたまにコンプライアンス違反っぽい時もあるけど、ただキツい天パなだけだよ、とフォローになってるんだか、なってないんだかわからないコメントが出たりして。

 

デモでも起きたら大変!と壮大な話になってしまい、滝藤賢一も寺島しのぶ同様、コンプライアンスに振り回され、持ち味が出せなくなり、視聴率は最下位に落ち込んでしまうのです。

 

「こんなはずじゃなかった。なんでこんなことに・・・」

と頭を抱える観月ありさの後ろには、ハンカチを噛み耐え忍ぶ寺島しのぶと、公序良俗を害する恐れに抵触する恐れがある縮れた髪の毛を掻きむしる滝藤賢一の姿が。

 

その時、ため息をつく観月ありさを呼ぶ声が。

ふせえり達、バイプレーヤーたちがやってきて、衝撃の事実を知ることになります。

 

なんと、森下能幸と宇野祥平が寺島しのぶのセリフにコンプライアンス違反があるとケチをつけたのも、滝藤賢一の方がいいと番組にメールを送ったのも、実は滝藤賢一がやらせたことだったと白状したのです。

 

誤って、という観月ありさに、寺島しのぶはその必要は無いと言います。

 

同じく、ふせえりと宍戸美和公が滝藤賢一のセリフにコンプラ違反があると難癖をつけたのは、寺島しのぶが、自分がされたことをそっくりそのまま滝藤賢一に返すようにと指示してのことだったから、と自白するのです。

 

こうして、滝藤賢一と寺島しのぶは仲直りするのですが、なぜか観月ありさが泣き出します。

 

実は、最初に送られてきた手紙の主である小田原の還暦を過ぎたドラマ大好きじじいの正体は、観月ありさだったことが発覚するのです。

 

理由は、ドクターZシリーズを、医療従事者の方への感謝もこめて、心温まる医療ドラマにしたかったから。

過激路線を辞めたかったからでした。

 

そして彼らは改めて話し合い、新しいドクターZシリーズをもう一度作り直し、視聴者の心を取り戻すことが出来たのです。

 

すると一通の手紙が。

 

『今の時代に求められる心温まる医療ドラマを待っていました。

観月ありさも、滝藤賢一も、寺島しのぶもこのままがんばれ!

小田原市 還暦を過ぎたドラマ大好きばばあより』

 

この手紙は本物の視聴者からのもの。

こうしてキャスト一同、抱き合いながら歓喜するのでした。

まさに、心温まる現場と言わんばかりに。

 

しかし、ナレーションをつけていた松重豊はぼやくのです。

「俺たちはそうはいかなかったけどな・・・」と。

 

第3回はここまで。

(敬称略)

 

『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第3回 個人的考察

コンプライアンスに振り回され、持ち味が出せなくなり、ドラマが迷走していくお話でしたが、それもよい作品を作りたいという気持ちの表れ。

 

たくさんの人が関わる現場でひとつの良い作品を作るには、その場にいるみんなの気持ちが同じ方向を向いていることが大事なんだなと感じました。

 

ひとりが自分のエゴを通し始めると、間違いなく揉めるし、収拾がつかなくなるのはどこの世界でも同じ。

かといって、我慢する人が出てきてもうまくいきません。

 

揉めたら本音で話し合う。

方向性を確認し合う。

そういう基本的なことを忘れてはいけない、というところが私自身も初心に帰ろうって思えるところでした。

 

私は基本、ひとりで仕事をしていますが、コミュニティーは友人と運営しているし、他の仕事をする時もあります。

そこで揉めると、「私が一番正しい!」って引かないところがあるので、今後は目的を見失わず、我を通すだけじゃダメなんだなって思いました。

 

それにしても、滝藤賢一さんが終始猟奇的で怖かった・・・

 

まとめ

『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』第3回のあらすじ(ネタバレ)と考察をご紹介しました。

 

バイプレーヤーズの良いところは、大人がやっているドラマだからこそ、気づかされることが多いってところ。

 

次回放送となる、長谷川京子さんとりょうさんの『CTO』も楽しみです。

1/29 0時12分から放送です。

 

放送後、1週間以内ならTVerで観れます

TVer

 

第一話から全話配信はParaviまたはひかりTVで観れます

Paravi

ひかりTV

 

『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』公式サイトはこちら

 

 

タイトルとURLをコピーしました