女性が活躍するお仕事系海外ドラマの決定版『クローザー』の見どころを徹底解説!あらすじ/打ち切りの理由/続編について

海外ドラマ
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.
スポンサーリンク

女性が活躍するお仕事系海外ドラマの決定版『CLOSER(クローザー)』Gyaoで観てからめちゃくちゃハマってU-NEXTで全シリーズ(第7シーズン)観ました。

 

『CLOSER(クローザー)』とは

アメリカのケーブルテレビおよび衛星テレビ局であるTNTで2005年6月25日から2012年8月13日まで放送された基本的には1話完結の刑事ドラマ。

CIA仕込みの尋問のプロである女性・ブレンダ・リー・ジョンソン率いる癖のあるメンバーたちが、ロサンゼルスで起きる凶悪な殺人事件を解決する全7シーズン109話からなる女性が活躍するお仕事系ドラマです。

 

 

こちらの記事では、私がハマった女性が活躍するお仕事系海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』について、魅力的なキャストたちやドラマの見どころ、各シーズンのあらすじをまとめました。

 

 

スポンサーリンク
  1. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|相関図
  2. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|キャスト
    1. ブレンダ・リー・ジョンソン
    2. ウィル・ポープ
    3. フリッツ・ハワード
    4. デビッド・ガブリエル
    5. ラッセル・テイラー
    6. ルイ・プロベンザ
    7. アンディ・フリン
    8. マイク・タオ
    9. フリオ・サンチェス
    10. バズ・ワトソン
    11. アイリーン・ダニエルズ(~シーズン4)
    12. シャロン・レイダー(シーズン5~) 
  3. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シリーズ|シーズンを通しての見どころ
  4. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)|各シーズンの見どころ
    1. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン1の見どころ
    2. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン2の見どころ
    3. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン3の見どころ
    4. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン4の見どころ
    5. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン5の見どころ
    6. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン6の見どころ
    7. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン7の見どころ
  5. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)|各シーズンのあらすじ
    1. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン1のあらすじ
    2. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン2のあらすじ
    3. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン3のあらすじ
    4. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン4のあらすじ
    5. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン5のあらすじ
    6. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン6のあらすじ
    7. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン7のあらすじ
  6. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|打ち切りの理由
  7. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』の続編『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』のキャストとあらすじ
  8. 海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|観れるのはどこ?【配信】
  9. まとめ|女性が活躍するお仕事系海外ドラマの決定版『クローザー』の見どころを徹底解説!あらすじ/打ち切りの理由/続編について

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|相関図

©2014 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved. 出典元:https://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/thecloser/index.php

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|キャスト

ブレンダ・リー・ジョンソン

キーラ・セジウィック

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

本作の主人公。

ロス市警本部長補佐兼殺人特捜班班長。日本では警視長に相当する階級。周囲からは「本部長補佐」または「チーフ」と呼ばれている。「thank you」が決まり文句。南部なまりが強い。(吹替で見てるとわからないけど)容疑者への尋問技術に関する訓練を受けている、通称「クローザー(事件を終わらせる奴)」仕事に対しては非常に厳格だが、情にもろい面もある。 方向音痴。スイーツ依存症。

 

ウィル・ポープ

J・K・シモンズ

 

ロス市警運用部長(シーズン7第1話のみ交通部長)。フルネームはウィリアム・H・ポープ。ロス市警に新設された殺人特捜班(後の重大犯罪課)のチーフとしてブレンダを引き抜いた人物。良いものは良い、ダメなものはダメときっぱり言うが、元不倫相手のブレンダにはわりと甘い。

 

フリッツ・ハワード

ジョン・テニー

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

FBI特別捜査官。ブレンダとは以前からの友人で、彼女のロス市警への赴任に伴って再会。仕事が最優先かつ独善的でとても家庭向きとはいえないブレンダには不満があるものの同棲後に結婚した。ポープのブレンダに対する思わせぶりな態度に

 

デビッド・ガブリエル

コリー・レイノルズ

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警重大犯罪課捜査員。巡査部長(シーズン6から刑事巡査部長へ昇進)。アフリカ系。ブレンダをサポートする紳士的な部下。修士号を持ち、周囲からも将来を嘱望されている優秀な刑事。テイラーを尊敬していたが、いち早くブレンダの有能さに気づき、孤立無援だった彼女の味方となった。年齢的には若いが老成した面があり、冷静沈着で戦略に長けた優等生タイプ。ファイナルシーズンでは窮地に立たされることになる。

 

ラッセル・テイラー

ロバート・ゴセット

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警強盗殺人課警部。後に警視正へ昇進(シーズン7第1話のみ副本部長)。よそから引き抜かれて本部長補佐のポストに就いたブレンダに対して「出し抜かれた」と感じており、強い反感を持っており、当初から特捜班の捜査を妨害するような行動をしてきたので、ブレンダを信用する特捜班のメンバーはテイラーを邪魔者と見なす嫌いがある。しかし他の課との交渉役としてはその手腕を発揮し、とくにマスコミへの対応は秀逸。シリーズが進むにつれて出世欲はあるものの、憎めないキャラクターとなっていく。

 

ルイ・プロベンザ

G・W・ベイリー

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警重大犯罪課捜査員。警部補。チーム最年長者であり、市警内でも古株の刑事。陽気かつ適当な性格。ブレンダの赴任当初、反発していたメンバーの中では比較的協力的な姿勢を見せており、飄々(ひょうひょう)としつつも仲間意識は強い。不精な言動で、何度となくチームの危機を招くが、ベテラン刑事ならではの規則の裏をかく知恵で捜査を進めることもある。人情家の年長者らしく、時にチームを諌(いさ)めたり、和ませたり、また取りまとめたりと、いなくてはならない存在。

 

アンディ・フリン

トニー・デニソン

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警重大犯罪課捜査員。警部補。チームのムードメーカー。いつも、リアルジョークや嫌味を言っては、チーム内にクスリとした笑いを呼ぶ。物語当初は、テイラーのスパイとして特捜班に配置され、ブレンダを追い落とそうと画策していた。しかし、ある事件において自分を切り捨てようとしたテイラーに愛想を尽かし、ピンチを救ってくれたブレンダ側につくことになる。ブレンダの部下となってからは、彼女の実力を認め、無償の忠誠心と信頼を寄せるようになる。刑事としては経験豊かで、的確かつセオリーに沿った捜査を基本とするが、ブレンダの時に軌道を外れた命令にも喜んで従う。重大犯罪課における縁の下の力持ち的存在。

 

マイク・タオ

マイケル・ポール・チャン

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警重大犯罪課捜査員。警部補。医学部に在学経験がある鑑識班出身のため、鑑識に顔が利く上、医学にも精通し、またPCや電子機器にも強い。特異な捜査グッズを所持していたり、最新の電子機器に陶酔するなどのオタク。温厚な性格でシリーズ当初からブレンダには比較的好意的である。話が回りくどく、何かとうんちくを語りたがるが、解析能力は一目置かれており、彼の不在時には捜査が進まないなど、ブレンダも全幅の信頼を寄せている。

 

フリオ・サンチェス

レイモンド・クルツ

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警重大犯罪課捜査員。メキシコ文化やギャングに精通し、チーム内で唯一スペイン語が話せる。彼が大きく関わる事件には越境事件や人種差別問題が多い。チーム唯一の物静かな強面で普段は大袈裟な表情を見せないが、ラテン系らしく激しい感情の起伏を持ち、小柄ながら腕力が強く、しばしば非協力的な目撃者や容疑者を威嚇することがある。タフガイでありながら、ブレンダには番犬の如く従順でチーム内での”騒ぎ”も一歩さがって控え目に見守っている。

 

バズ・ワトソン

フィリップ・P・キーン

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警重大犯罪課取調モニター室技術者。取調室に併設されたモニター室で、機器のオペレーションを担当している。また、雑用全般も彼の仕事。刑事ではなく警察技官。継父がメキシコ人で、スペイン語を話すことができる。本職とは無関係の諸々のお願いに答えてくれる寛容なバズだが、プロベンザに対しては少しだけ反抗的な態度に出ることがある。本職だけあり、機器電気関係に関してはプロで、ブレンダにも忠実である。

 

アイリーン・ダニエルズ(~シーズン4)

ジーナ・ラヴェラ

ロス市警殺人特捜班員。ブレンダとは対照的にセクシーでスタイリッシュな女性。メイクやファッションにも気を抜かない。国家機密機関に通じており、情報収集や調査能力に優れる。女性蔑視や子どもが被害者の事件には、過敏に反応する。後に、ガブリエルと交際するが、破局後に心理捜査班に移動願を出して栄転し、殺人特捜班からはシーズン4をもって姿を消すことになった。

 

シャロン・レイダー(シーズン5~) 

メアリー・マクドネル

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ロス市警武力犯罪調査課(Force Investigation Division、FID)内務調査員で警部。第5シーズン・第6シーズンまでは出番が少なかったが、第7シーズンでレギュラー入りした。真面目で堅物、冷静沈着で規律を重視する。遠慮ない物言いと態度で、ブレンダら重大犯罪課とは敵対関係となり、とくにブレンダとは、ことあることに対立してしまう。

 

参考:Wikipedia

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シリーズ|シーズンを通しての見どころ

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』は、自白を引き出し、事件を解決していく1話完結のドラマなのでわかりやすいです。

ただ、登場人物となりレギュラー陣の数が多く、それぞれに様々な事情を抱えているためそこだけ複雑。

 

 

また、刑事とは言え、事件は解決できてもプライベートは解決できない事だらけというドタバタなところが凶悪な殺人事件というシリアスな面だけでない明るさのあるドラマです。

 

 

シーズン中盤では、ブレンダが若年性更年期に見舞われてしまったりとコミカルなところも多いのですが、シーズン終盤はブレンダの進退に影響が及ぶ事件に遭遇することになり、ハラハラするというアップダウンの激しさがとても見ごたえのある展開になっています。

 

そして凶悪事件を解決する度、気づかされることが多く、ブレンダをはじめとしたメンバーたちの心境が少しずつ変わっていくところも、人間味あふれる作品と言えます。

 

事件をスカッと解決させるところと、個性派ぞろいで魅力的なメンバーたちが織り成すお仕事ドラマ。一度見たら絶対にハマりますよ!

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)|各シーズンの見どころ

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン1の見どころ

U-NEXT

ロス市警運用担当副本部長・ウィル・ポープにより、アトランタ市警からロス市警に新設された殺人特捜班(後の重大犯罪課)のチーフとして引き抜かれ、アトランタから赴任したブレンダ・リー・ジョンソン。CIA仕込みの「尋問のプロ」で、必ず犯人から自供を引き出し、事件を解決していきます。

そんなブレンダに反発し、刑事全員が異動願を提出するも、自白により難事件を解決する彼女の手腕を目の当たりにし、次第に一目置くようになっていきます。

ただひとり。テイラーを除いて。事あるごとにブレンダに突っかかり、ブレンダとは真逆にどんどん小物ぶりを発揮。最初は部下にも尊敬されてる風だったのに。しまいには、内部調査局に告げ口する始末。

危機的立場に追いやられるブレンダでしたが、元不倫関係にあった本部長ポープの尽力により難を逃れます。

 

ブレンダ、FBI所属の現恋人フリッツ、そして元不倫相手のポープとの微妙な三角関係も見どころのひとつ。

そして、事件は華麗に解決するものの、片付けはできないし方向音痴だし、スイーツ依存症だしというプライベートではポンコツなところがブレンダの魅力であり、親近感が持てる見どころのひとつでもあります。

 

シーズン1は、ブレンダの手腕により、チームがまとまっていくストーリー。

なので、事件が華麗に解決されるケースばかり。

 

これがシーズン2になってくると、ちょっと様子が変わっていきます。

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン2の見どころ

U-NEXT

シーズン1よりずっと難しい殺人事件が続きます。

また、殺人犯の動機がわからなかったり、犯人が自白しても、法の壁により逮捕できなかったり。モヤモヤする事件も増えてきます。

 

ブレンダのクローザーとしての切れ味は相変わらずですが、逆に部下のポンコツぶりが露呈してきます。

最初はそれほど仲が良かったわけではない警部補プロベンザとアンディー・フリンのふたりですが、プライベートで一緒にいる時間が増えていくにつれ、なぜかふたりで事件に巻き込まれるというトラブルメーカーなコンビとなっていきます。(それはそれで面白い)

 

といった具合に、シーズン1よりもメンバーの個性が強化され、チームの輪郭が明確になっていきます。

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン3の見どころ

U-NEXT

シーズン2でチーム存続の危機を迎えたブレンダたち。本シーズンでは、経費削減のための人員削減を突き付けられます。

 

どこの世界も人件費が一番かかりますが、それを理由に警察で人が削られちゃったら事件解決が遠のくし、凶悪事件が増えちゃうじゃんって思いながら観てました。ポープの「金、金、金」にイラっともしましたね。

といった具合に、シリアスさとユーモアがさらにアップし、ますます面白くなっていきます。

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン4の見どころ

U-NEXT

フリッツとの同居を始めたブレンダでしたが、仕事とプライベートの狭間で葛藤します。

 

というのも、フリッツはきちんとしたタイプで、ブレンダはだらしないタイプ。

恋人同士である程度の距離があるからうまくいっていたのに、同居した途端にうまくいかないことばかり。現実にもあるよね~と思いながら観てました。

 

シーズンのラストでは、結婚するふたりですが、これまたお互い事件に追われてどたばた。

コメディーまでいかないけど、コミカルなやり取りがますます楽しいです。

 

さらにシーズン4では、ブレンダにとって宿敵となる疑惑の男フィリップ・ストローが登場します。ストローは凶悪な殺人犯であると自白を引き出そうとするブレンダですが、彼は弁護士。そう簡単には落ちない。

ブレンダとストローの対決は、ファイナルシーズンまで続いていくのです。

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン5の見どころ

U-NEXT

幸せな結婚生活の始まり、とは当然いかず、波乱万丈な日々を送るブレンダ。特に子供が巻き込まれた事件に対する犯人への怒りは凄まじく、狂気と感じられるほどです。

 

エピソード序盤、プライベートでは愛猫の死という悲しい現実に遭遇。(そもそも忙しい人はペットを飼うなかれ)タッパーに入れた遺骨をカバンの中に入れて持ち歩き、カバンの中を見る度に泣き出す、という女性らしいシーンもあります。また姪を預かることになり、意外といい母親になるかもという一面も垣間見せます。

 

仕事上では新たな出会いが。ロス市警武力犯罪調査課のシャロン・レイダー。

お互いの捜査において意見の対立が絶えない。自身の職務を全うするという信念を持っているところは共通しており、のちにブレンダの理解者となっていく。

 

そして時折、捕まえることが出来なかったフィリップ・ストローを夢に見るブレンダ。彼女はひとり、彼の捜査を続けているのです。彼から自供を引き出し、捕まえるために…

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン6の見どころ

U-NEXT

第6シーズンではロス市警本部長の椅子を懸けて、し烈な争いが展開されます。ひょんなことから後ろ盾を得たブレンダも、自身が本部長候補となっていきます。

 

警察組織はどこの国でも男社会。果たしてブレンダは、女性初のロス市警本部長になることができるのか?

 

同じくその椅子を当然のように狙っているポープが邪魔したりして、男ってやつは。。。と感じながら観てました。

 

女性が輝くと、男性はみじめにしぼんでいく。

日本のお仕事系ドラマでもありがちな展開も見どころです。

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン7の見どころ

U-NEXT

ファイナルシーズンとなるシーズン7は、ブレンダに危機が訪れます。

過去のある事件がきっかけとなり、訴えられてしまうブレンダ。本部長補佐というポジションが危うくなっていきます。

 

さらに、チームの中に相手方の弁護士に情報をリークしているスパイがいる疑いが。裏切者はいったい誰なのか?

 

そしてブレンダが自白させることができなかった宿敵・フィリップ・ストローとの最後の対決。

果たしてブレンダは、フィリップ・ストローから自白を引き出すことができるのか?

 

また、プライベートでも大きな転機が訪れます。大切な人を失ってしまうのです。

そして、悪人の話ばかり聞いてきて、大事な人の話を聞かなかったことに気づき、自分の行いに激しい後悔をするのです。

 

ラストは自分の今までの人生、そしてこれからについて考えることになります。女性が活躍するドラマにはありがちなラストではありますが、観ている方も考えさせられます。

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)|各シーズンのあらすじ

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン1のあらすじ

 

第1話 偽りの素顔

コンピューター科学者・コリアー博士の邸宅で女性の凄惨な遺体が見つかる。アトランタからロス市警に引き抜かれた殺人特捜班チーフ、ブレンダ・ジョンソンは現場で指示を出し、強盗殺人課の刑事に煙たがられる。53分

 

第2話 裏切りの代償

映画スター、ディーン・キングズレーの妻で元モデルのヘザーが自宅の浴室で死体となって発見される。彼女は死亡した当日に誰かとランチの約束をしており、そのために全身を磨き上げていたことが判明した。45分

 

第3話 正義の行方

刺殺された18歳のロシア人娼婦・ゾーイのパソコンから、政府高官や裁判官が名を連ねる顧客リストが見つかった。被害者宅の捜索で、パトロンと思われるロシア系マフィアのボスの息子・ニックが浮かび上がる。45分

 

第4話 姿なき復讐者

マッカーサー・パークで3人のギャングが射殺された。対立するギャング団との抗争が原因と見られていたが、ブレンダが現場で遭遇した元海兵隊大佐・ウォルターは、犯人はプロの狙撃兵であり、自分の息子だと言う。45分

 

第5話 守りたい情報

医学界の大物精神科医・レイニー博士が殺された。博士は製薬会社から出資を受け、ドラッグ中毒の若者たちのための抗うつ剤を開発中だった。治験中に息子が死亡し、博士を訴えていた夫婦ら数人が疑われるが…。45分

 

第6話 ネットに流された殺意

シモンズ下院議員の娘・カーラが強姦され殺害された。重要参考人として恋人のブリットを調べるが、彼にはアリバイがあった。犯行現場に戻って捜査を続けていたブレンダは、背後から襲われレイプされそうになる。46分

 

第7話 奪われた人生

深夜のグリフィス・パークで裁判官のマイケル・トンプソンが死体で見つかる。一緒にいた息子のキースが消え、ブレンダは捜索を命じた。やがて、車のトランクに閉じ込められていたキースがLA空港で発見される。45分

 

第8話 愛情の形

バットで殴打された男性がゲイバーに運び込まれるが、救急車を待つ間、彼はパートナーであるバリーの腕の中で息絶えた。付近ではゲイばかりを狙う強盗が多発しており、殺人特捜班が捜査に乗り出すが…。45分

 

第9話 刑罰の境界線

13歳のメキシコ人少女が惨殺される。レイプされた上、死体は川に遺棄されていた。殺人特捜班は彼女の母親が家政婦として働くフィリップス家で聞き込みを行い、息子のオースティンから有力な証言を得る。46分

 

第10話 尽しすぎた男

大富豪、ローランド・ダットンの未亡人・アンジェリーナを毒殺した疑いで公判中だった執事・アルバートが自殺した。ブレンダは、検事局のトーマス・イェーツからアルバートは無実だと聞いて行動を起こす。45分

 

第11話 自由を求めて

病院の駐車場でイラン人の会社経営者・モクタリとその運転手が殺される。殺人特捜班が現場で捜査中、FBIが現れた。モクタリの名前がテロリストの要監視リストにあったため、どちらの管轄になるかで揉めるのだが…。45分

 

第12話 二度死んだ女

心臓麻痺で死亡した麻薬常習者の女性遺体が鑑識に運び込まれる。彼女の名はリサで、3年前にビル・クローリックによって惨殺されたことになっていた。被害者が別人だとわかり、服役中のクローリックが釈放される。45分

 

第13話 最終楽章

ハリウッドの有名プロデューサーが自宅のジャグジーで溺死体となって見つかり、殺人事件と断定される。そんななか、ブレンダは捜査中に不適切な行いをしたという匿名の苦情により、内務調査の対象となる。51分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン2のあらすじ

 

第1話 真実とDNA

ロス市警中央署のマーティン刑事と彼の担当していた事件の容疑者である麻薬ディーラーが死体で見つかった。双方の銃の撃ち合いに思えたが、現場にはもうひとり別の人物がいたことが判明する。47分

 

第2話 親子のきずな

放火殺人事件の公判中に陪審員の女性が心臓発作で死亡。体内からは強心剤が検出され、一審で証人を射殺し、二審でも裁判所を脅迫していた被告人の息子に容疑がかかる。45分

 

第3話 絡みすぎた糸

フィゲロア通りでUSCの学生が乗った高級車が銃撃を受け、2人が死亡し1人が重傷。現場はギャング団の抗争の舞台だったが、被害者の1人はギャングとは無関係の優秀な学生だという。45分

 

第4話 男たちの思惑

高級レストラン「シェ・ポール」の経営者であるカレンが店のキッチンで殺された。数人の容疑者が浮かび上がり、凶器のナイフはこの店のシェフで被害者の夫であるポールのものと思われたが…!?45分

 

第5話 特別観覧席

非番のプロベンザとフリンが車で野球観戦に行こうとすると、ガレージには見知らぬ女性の死体が。2人は届け出を後回しにして球場に向かうが、家に戻るとそこにあった死体が消えていた。45分

 

第6話 執着の果て

ホテルの窓からパパラッチのアンソニー・ラーセンが転落死した。彼のカメラが消えており、何かまずいものを撮ったのではないかと宿泊客を調べると、大物俳優ウィット・コールマンが浮上する。46分

 

第7話 死に至るウソ

ガブリエルに呼び出されたブレンダが一緒に朝食をとっていたダイナーのゴミ箱から、人の頭部と足が発見される。被害者はポルノ男優のクリス・マンディ。検死の結果、HIV陽性と判明するが…!?45分

 

第8話 永遠を誓った場所

ロサンゼルス港で、お互いをロープで縛った親娘と思われる死体があがった。遺留品の航空券やリュックに書かれた名前からロス在住の日本人と判明。当初は日本特有の無理心中と考えられたが…!?45分

 

第9話 神の選択

病院のERで8歳の少年が手術中に死亡する。医大生でもある少年の母親、メリッサは「息子は病院に殺された」と訴えるが、メリッサにはミュンヒハウゼン症候群の傾向があることがわかり…!?46分

 

第10話 守るべき家族

LA市内の一軒家で、女性の射殺死体を発見。現場には覚せい剤の匂いがあり、麻薬常習者同士の金銭トラブルが疑われる。そこへ被害者名義のクレジットカードが使用されたという通報がある。44分

 

第11話 背徳の正義

3人分の血痕が発見され、そのうち2人は間違いなく死亡と思われるが、死体がどこにもなく、特捜班が捜査に乗り出す。そこへ東地区の診療所から、足を撃たれた男が来院したという連絡が入る。45分

 

第12話 善行の果て

16歳の少年、カール・ネルソンが射殺される。カールはコンビニ強盗事件について犯人の犯行を覆す内容の証言をしており、不利な立場になる者が口封じのために殺害したのではないかと思われた。45分

 

第13話 信頼が崩れる時

マフィアのボス、デラモンテの裁判の証人としてFBIの保護下にあったデルーカが襲撃され、一緒にいた妻とFBI捜査官が殺害された。生き残ったデルーカはデラモンテの一味の男だと証言するが…!?46分

 

第14話 灰色の任務(前編)

殺人特捜班は、事実上解体していた。殺人課に残ったフリンとガブリエルが捜査にあたっているアラブ系の少年・マリクの殺害事件に関し、ブレンダはCIAから極秘の捜査依頼を受ける。44分

 

第15話 灰色の任務(後編)

マリク殺害犯・ヴォイツキーを突き止めた見返りに殺人特捜班が復活した。しかし、特捜班が尾行していたヴォイツキーを何者かが先回りして殺害し、ブレンダは自分が監視されていることに気づく。45分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン3のあらすじ

 

第1話 壊れた家族

一家3人が惨殺され、唯一生き残った長男・エリックが屋根裏で発見されるが、彼はドラッグを使用していた上、うその供述をする。ようやく真実を語り始めたエリックは、父親の職場は2カ所の連邦刑務所だと主張する。60分

 

第2話 殺人の埋め合わせ

掘削現場でミイラ化した死体が発見された。ポケットにはダレル・リチャーズという名の免許証と、プロベンザの名刺が残されていたため、特捜班が捜査を受け持つ。やがて彼は至近距離から撃たれていたことが判明する。44分

 

第3話 それぞれの素顔

フリンの元同僚・レイの葬儀で棺を運んでいたプロベンザは、重さに耐えかねて手を離してしまう。階段を転げ落ちた棺には、レイのほかに全裸の女性の死体が入っていた。特捜班は現場を封鎖して捜査を始めるが…。44分

 

第4話 身勝手な欲望

8歳の黒人少女が行方不明になり、特捜班は分署やFBIと協力して捜査に臨む。警察犬が少女の上着を発見し、誘拐が決定的となるなか、容疑者が浮上。現場付近で青いバンに乗る白人男性が頻繁に目撃されていたのだ。52分

 

第5話 忘れられた人々

車椅子の老人男性が散歩中に急死し、付き添っていたバクスターというやはり高齢の男性が、計7人を毒殺したと自供。特捜班のメンバーは老人の妄想だと決めつけるが、やがてバクスターの主張が真実だと判明する。44分

 

第6話 ツイてない人々

市内の駐車場でフィットネス・トレーナーのグレン・クーパーが殺された。通報した駐車係は、犯人に脅迫されていたため、何も見ていないし通報したのも自分ではないと言い張るが、ブレンダが巧みに証言を引き出す。44分

 

第7話 行き違った思い

ヒスパニック系ギャング「ESカトルセ」のメンバーである2人の少年・ジェシーとエンジェルが殺害された。現場で報復を叫んでいたジェシーのいとこ・ミゲルを取り調べたところ、敵対するギャングの仕業だと主張する。44分

 

第8話 海岸線の殺人者

海岸で拷問を受けた女性の絞殺死体が見つかる。実は8年前、同じ手口で6人の女性が殺害されていた。被害者たちは離婚歴があり、パートナーのほかにも複数の男性と性交渉をしていたという共通点があった。44分

 

第9話 告発の余波

前回犯人を射殺したブレンダはカウンセリングを受け、一時捜査を禁じられる。自宅待機の代わりに、ポープは彼女にテレビ局の密着取材を受けることを命じた。そしてブレンダは、地元ギャングの溜まり場に向かう。44分

 

第10話 アメリカンドリーム

チャイナタウンで観光バス会社を経営し、成功を収めている中国人女性・ピンメイが殺害された。通報者である夫は、不審な長身の男を目撃したと話す。そんななか、ブレンダを悩ませていた病気が判明する。44分

 

第11話 監査人の秘密

国土安全保障省に勤める監査人、マルグリット・スコットが車ごと崖から転落して死亡。他殺と判明し、特捜班が捜査に乗り出す。マルグリットが所有していた機密情報を保存したパソコンや携帯電話も消えていた。44分

 

第12話 重ねられたウソ(前編)

離婚弁護士、オリバー・ヘンリーが自宅のプールで溺死体となって見つかった。殺人か事故か判然としないなか、ブレンダは他殺と確信して捜査を進め、ヘンリーの依頼人の夫である眼科医・シェイファーを逮捕するが…。44分

 

第13話 重ねられたウソ(後編)

シェイファーのアリバイ証人が現れ、検察側は窮地に立たされた。しかし証言は捏造されたものとしか思われず、特捜班は捜査を続行。一方、ブレンダは、フリッツの隠していた過去を知って激怒する。44分

 

第14話 愛する家族(前編)

現金輸送車が襲われ、警備員2人が射殺された。強盗殺人課が11カ月前から捜査をしている一連の事件と酷似していたが、難航する捜査に業を煮やしたポープの命令で、捜査の指揮権がブレンダへと移る。45分

 

第15話 愛する家族(後編)

現金輸送車が襲われ、警備員2人が射殺された。強盗殺人課が12カ月前から捜査をしている一連の事件と酷似していたが、難航する捜査に業を煮やしたポープの命令で、捜査の指揮権がブレンダへと移る。44分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン4のあらすじ

 

第1話 消えない炎

グリフィスパークで山火事が発生し、4人が焼死体となって発見された。現場でブレンダたちは放火容疑で逮捕したことのある男を見かける。一方、タイムズ紙の記者がロサンゼルス市警のPR取材として捜査につきまとう。44分

 

第2話 取り戻せない日々

仮出所した殺人犯が遺体で発見される。更生施設の近くの裏路地でひき逃げに遭ったようだ。彼は以前、ある事件で有罪判決を受け、LAのマスコミを賑わせた人物だった。ブレンダは慎重に捜査に着手する。43分

 

第3話 許されざるゲーム

自宅で自殺した女子高生は、同じクラスの男子から性的暴行を受けたとして警察に相談していた。ブレンダは他殺の可能性を疑い捜査を開始。女子高生をレイプしたとされる犯人は保安局次長・イェーツの息子だった。43分

 

第4話 取引不成立

ダウンタウンの路地裏で、ある男が至近距離から射殺される。遺体の第一発見者はタイムズ紙のリカルド記者で、男はシャツの下に隠しカメラをつけていた。この被害者は巨大な麻薬密輸組織と関係のある人物と判明する。43分

 

第5話 崖っぷちのプロベンザ

おとり捜査でプロベンザは殺し屋に扮し、ターゲットを殺人未遂容疑で逮捕して一件落着となる。だがプロベンザとフリンが容疑者をロスに移送する際、寄ったレストランの駐車場で証拠品を載せた車を盗まれてしまう。43分

 

第6話 本物の怪物

13歳の少年が消息不明になり、単なる家出か、それとも重大な事件に関わる失踪か、ブレンダは見極めなくてはならなかった。捜査を進めるうちに、猟奇的ともいえる少年のゆがんだ素顔が明らかになる。43分

 

第7話 東ロサンゼルスの悲劇

サンチェスの弟・オスカーが銃撃されて死亡した。殺人特捜班は直ちに捜査に着手するが、ブレンダはサンチェスに自宅待機を命じる。しかし、進展しない捜査状況に業を煮やしたサンチェスが、勝手に行動を起こす。43分

 

第8話 守りたいプライバシー

ハリウッドの映画撮影所でヘア・スタイリストが殺害される。ブレンダと殺人特捜班は、日常的な家庭内暴力の実態からある事実を知り、犯人を突き止める。一方、私生活ではブレンダの両親が旅の途中で娘を訪ねる。43分

 

第9話 ティファナから来た罪人

盗まれた小型トラックの荷台で、警官2人が遺体となって発見される。捜査線上に浮かんだのは、FBIに情報提供を行っていた男だった。捜査が進むにつれ、汚職にまみれたティファナの警官の実態が明らかになる。43分

 

第10話 シンボルの意味

アパートの一室で19歳の青年の死体が見つかる。パイプ爆弾を作っていて爆死したようだ。殺人特捜班改め重大犯罪課の一員となったブレンダたちは、青年が大量殺人を計画していたことを知って奔走する。42分

 

第11話 血痕のシルエット

結婚式の準備のため、ブレンダの家に両親がやってくるが、ブレンダは事件が起こると両親そっちのけで捜査に行ってしまったり、両親を捜査に付き合わせたりする。一方、ハリウッド署に自殺の通報が入り…。43分

 

第12話 トランクの中の殺意

車のトランクから巨漢の男の死体が発見される。彼は数日前、勤めていた宝石店から300万ドル相当のダイヤモンドを盗んだとして強盗殺人課が行方を追っていた。遺体は腐乱が進んでおり、死因が特定できない。42分

 

第13話 弁護士の力量

ある女性が自宅で残忍な暴行を受けた上に殺害される。駆けつけた警官が被害者の家から逃走した男を逮捕。この容疑者には過去に性犯罪歴があり、なぜか逮捕の前からすでにやり手の弁護士・ストローを呼んでいた。43分

 

第14話 クレアの千里眼

ブレンダは結婚式を間近に控えていたが、事件は次々と発生。そんなある日、1台の携帯電話が重大犯罪課に届いた。そこには殺人を画策するメッセージのやりとりが保存されていたため、重大犯罪課が動きだす。43分

 

第15話 二人の形

結婚式を明日に控えたブレンダとフリッツだったが、2人とも相変わらず仕事のことが頭から離れない。フリッツは麻薬取引の捜査で、ブレンダはデートクラブで起きた強盗殺傷事件の捜査で忙殺されていた。43分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン5のあらすじ

 

第1話 密やかな殺しの依頼

閑静な住宅街で子供2人を含む一家4人が銃殺され、ブレンダと重大犯罪課のメンバーは現場に急行する。捜査を進めるうち、ブレンダは本当のターゲットがこの一家ではなく別の人物だったことを突き止めた。43分

 

第2話 血塗られた身代金

元不動産会社の社長が行方をくらました。ブレンダと重大犯罪課のメンバーは誘拐事件として捜査を開始するが、偽装誘拐の可能性も否めなかった。やがて、ガブリエルが身代金の金額に隠された真実を暴く。43分

 

第3話 赤い規制線

バーで飲んでいたガブリエルが強盗殺人事件に遭遇する。容疑者と思われる男が発砲してきたため、応射すると弾は命中した。しかし、その場に倒れたエリックという少年には、銃を携帯していた形跡がなかった。43分

 

第4話 キティの贈り物

ある青年がゲイのダンスパーティ後に失踪し、麻薬密売に絡む殺人事件に発展した。ブレンダたちは、ある事情から48時間だけFBIの代理捜査官になる。ブレンダは再びフリッツと組んで捜査をすることになるが…。43分

 

第5話 死の意味

コミュニティセンターで元ギャングの男が射殺体で見つかる。事件現場がジャック神父の教区だったことから、ブレンダは再び神父を訪ねた。近所の住人たちから話を聞こうにも、警察への不信感が強く情報が得られない。43分

 

第6話 偽りの名刑事

射殺された被害者はネットで「口説き屋」として知られた男で、悪質なナンパ番組を制作しようとしていた。一方、部下の仕事ぶりを知りたいとフリンとプロベンザを訪ねたポープは、思わぬ事態に巻き込まれる。43分

 

第7話 翻る半旗

激しい銃撃戦があり、ロス市警の巡査2名とネオナチのメンバーである18歳の青年の射殺体が発見された。ブレンダたちは現場に駆けつけたが、銃撃戦の経緯を把握できず、多くの謎が残るばかりだった。 43分

 

第8話 残された時間

エリシアン・パークで死体が見つかる。何度も車に引きずられた後、頭部を2発撃ち抜かれていた。被害者の男は、10年以上前に女性2人を殺害した容疑で逮捕されたが立件できず、不起訴になっていた。43分

 

第9話 消えた凶器

ブレンダとフリッツの新婚旅行中、ある殺人事件が起こった。容疑者がすぐに自白したため、あとは有罪が確定するだけのように思われたのだが、ブレンダは自白内容を不審に思い、事件を洗い直す。43分

 

第10話 殺人のにおい

男の死体が入ったクーラーボックスが重大犯罪課に送られてきた。殺人事件として捜査を始めるが、交友関係を洗ううち、義父や元彼女、たびたび金を無心する友人や家主など、容疑者が次々と捜査線上に浮上する。43分

 

第11話 ウソが招いた結果

ブレンダとめいのチャーリーが学校の駐車場で銃撃事件に遭遇する。青年1人が死亡し、もう1人は重傷を負い、車からマリファナが発見された。当初、敵対するギャングとの抗争が疑われたが、意外な真相が明らかになる。43分

 

第12話 殺しの記念品

若い女性が刺殺され、犯人は全身黒ずくめで「ニンジャ」のような服装をしていたことが判明。そして同様の殺人事件がテキサス州エルパソでも起きていることがわかり、ブレンダたちは事態の大きさに気づかされる。43分

 

第13話 人生の落とし穴

12歳の少年がギャングの溜まり場で射殺された。父親と兄がギャングだったため、重大犯罪課は敵対する一味の犯行を疑う。そんななか、別の場所でこの事件と関係のある男2人が遺体となって発見される。43分

 

第14話 本当の姿

ある機関で不正が発覚し、多くの裁判で再審が決定する。その中には、7年前にプロベンザの相棒であり、引退したアンドリュース刑事と共に担当した事件もあった。法廷で証言すべくアンドリュースがLAを訪れるが…。43分

 

第15話 死者は語る

ブレンダらはレイダーからある調査の依頼を受ける。彼女の女性部下・アリーが夫から家庭内暴力を受けている恐れがあると言う。ブレンダはアリーに話を聞くも手掛かりを得られず、やがて殺人事件に発展してしまう。43分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン6のあらすじ

 

第1話 新庁舎

バルコニーで星の写真を撮っていた男が殺された。重大犯罪課チームは男が交際していた女が事件に絡んでいるとにらむが、凶器がどこにも見つからず、新庁舎移転にも時間を取られ、捜査は難航する。42分

 

第2話 不条理な排斥

市長の友人宅で働くベビーシッターが失踪。FID(ロス市警武力犯罪調査課)のレイダー警部(「バトルシップ・ギャラクティカ」のメアリー・マクドネル)は、事件の捜査にブレンダを同行させる。42分

 

第3話 親の務め

重大犯罪課チームは、自殺かどうか疑わしい事件を捜査しているうちに、死が目前に控えている男と覚醒剤漬けの元妻との間で持ち上がっている厄介な親権争いに巻き込まれる。42分

 

第4話 かげりゆく栄光

プロベンザは、囚人護送中の飛行機でフライト・アテンダントをナンパして、マンションにしけこむ。が、そこで死体を発見し、警官という立場上、首が飛びかねない難局にまたまた追い込まれる。42分

 

第5話 神になった男

ミッキー・メンドーザ刑事の要請で現場に駆けつけた重大犯罪課のチームは、メキシコの麻薬組織がロサンゼルスにも進出した気配を示す一連の残忍な殺人事件の捜査にてんてこ舞いとなる。42分

 

第6話 責任の所在

仮保釈委員会のひとりが、パニック状態でガブリエル巡査部長に電話をかけてきたその最中に惨殺される。その直後、ポープは警察署のイメージアップを狙い、行き過ぎたプランを発表する。42分

 

第7話 先走った思い

名うてのギャング団の犯行と思われる銀行強盗が起き、現場で警備員の死体が発見される。が、首謀者は誰なのか謎が残る。この事件は同ギャング団の犯行パターンに合致していなかったからだ。42分

 

第8話 制裁

3人の兵士がアフガニスタンでの兵役を終えて2日後にロサンゼルスのクラブで撃ち殺された。ブレンダが事件の捜査に当たるが、軍の連絡将校であるエドワード・ドーセット少佐と衝突してしまう。42分

 

第9話 最後に残った女

出会い系サイトで知り合った男とデートした新進女優が惨殺されるという事件がハリウッドで起きる。ブレンダのチームが事件を捜査するが、ある仕事の準備に追われ、捜査がおろそかになってしまう。42分

 

第10話 直接対決

救急救命士2名の殺害事件がきっかけでテロ攻撃が控えていると判明。ロサンゼルス市警とFBIが独自の捜査を展開。ブレンダは対テロ特殊班の一歩前を行こうと対抗意識を燃やす。42分

 

第11話 フリンの受難

ブレンダの部下の刑事が街中で待ち伏せされるが、その奇襲攻撃の動機を探る手がかりらしきものは現金が入ったごみ袋だけだった。捜査チームは証人をでっち上げた刑事の名前の割り出しに奔走する。42分

 

第12話 善意と強欲

武装した何者かが、病院の薬局から医療用のマリファナを強奪する一見ささいな事件が起きる。本部長のトミー・デルクは、重大犯罪課チームにこの事件の捜査を任せるが…!?42分

 

第13話 終わらない悪夢(前編)

2部構成によるPART1では、ある一家の長年にわたる家庭内の恨みつらみが、クリスマス・イブのショッピング・モールで起きた刃傷沙汰へと発展し、家長が巻き添えを食って死んでしまう。42分

 

第14話 終わらない悪夢(後編)

2部構成のPART2では、コソボ難民の家庭内にくすぶる血で血を洗う抗争が新たな犠牲者を生み、ブレンダ率いる重大犯罪課チームはレイダー警部とともにクリスマスに起きたこの事件の捜査を進める。43分

 

第15話 制御不能

ありふれたコカイン中毒者の逮捕がきっかけで、怪しいリハビリ施設の存在が明らかになり、ブレンダ率いる重大犯罪課チームは行方不明になったひとりの若い女性を見つけ出そうと懸命になる。42分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|シーズン7のあらすじ

 

第1話 忠義心とプライド

ラップ・ミュージック界期待の新人スターがその弟を含む6人と共に射殺されるという事件が起こる。ブレンダと重大犯罪課は、そのスターが所属するレコード会社の社長の犯行を疑い、捜査を開始する。42分

 

第2話 悪い癖

ロス市警内で大規模な組織編成が行われるなか、ブレンダと重大犯罪課は、ある邸宅で起こった強盗殺人事件を追っていた。一方、レイダーはブレンダとロス市警を相手取った民事訴訟を受け…!?42分

 

第3話 とんだ副業

ある人物から金もうけの話を持ちかけられたプロベンザ。謝礼金と引き換えに、ある民事訴訟の被告である男の居場所を捜し出し、召喚状を渡してほしいというのだ。42分

 

第4話 保護責任

9歳の男の子がサマーキャンプへ行く途中に行方がわからなくなるという事件が起こる。そのサマーキャンプで、カウンセラーをボランティアで務めていたタオの息子ケビンはタオに事情を話し…!?42分

 

第5話 固い結束

重大犯罪課は、葬儀場に送られた牧師の遺体に死亡証明書がなく、家族も検死を拒否しているという連絡を受ける。強制的に検死を行った結果、死因に不審な点があったことから捜査を開始する。42分

 

第6話 究極のリフォーム

ハリウッドに建つ住宅の壁から元性犯罪者だった男性の遺体が発見される。家主の夫婦が疑われるなか、ある事実に気づいたブレンダは近隣に住む別の夫婦に狙いを定めて調査を開始する。42分

 

第7話 家族の問題

フェニックス市警のオルテガ刑事がロス市警を訪れ、自分の娘の不審な死について再捜査を依頼する。彼は、死因が麻薬の過剰摂取によるものだとする調査結果にまったく納得できず…!?42分

 

第8話 密告者

郡刑務所に収監されている男が、ブレンダに取引を持ちかける。ある条件をのめば、巨大麻薬カルテルと密接につながる“雇われ殺人”の情報を流すというのだが…!?42分

 

第9話 スターへの道

新人歌手ミッシーのシングルが、ちょうどヒットチャートに上がろうとしていたとき、ステージパパでもある彼女の父が謎めいた死を遂げ、ブレンダは重大犯罪課のメンバーと共に捜査に駆けつける。42分

 

第10話 新たな闘い

保安官代理が車の窃盗犯2人を追跡中に射殺され、ブレンダは重大犯罪課のメンバーと共に調査を開始する。保安官代理を射殺した犯人は逃走し、残った1人にブレンダが訊問するが…!?42分

 

第11話 必要悪

生徒たちの生活が乱れ、スキャンダルが渦巻く高校に赴任してきたばかりの校長が射殺される。彼は、その高校を懸命に立て直そうとしているところだったが…!?42分

 

第12話 サンタが市警にやってきた

クリスマス前の休日、バズと妹のケーシーは“サンタの北極村”に遊びに来ていた。サンタクロースが大好きなバズは嬉々としてカメラを回している。42分

 

第13話 内輪もめ

FBIの監視任務中に事件が発生する。監視対象者がある男性を殴り、その場を走り去ったのだが、通報を受けたロス市警が駆けつけると男性が頭部に銃弾を受け死亡していたのだ。42分

 

第14話 絶たれた未来

フリンが家に帰る途中、赤信号で停止した彼の車の隣に1台のバイクが止まる。運転手はピンクのヘルメットをかぶった愛らしい女子大生グレイシー。42分

 

第15話 ゆがんだ恩返し

タレル・ベイラーの兄タイ・ベイラーの殺害で極刑の判決を受けたレジー・モーゼスをゴールドマンが面会に訪れる。そこでゴールドマンはタレルを殺害した110クリップスのメンバーを知ると告げ…!?42分

 

第16話 宿敵との対決

レイプ殺人事件の公判。証言台に立つブレンダは、被告ジョージ・ハリスの隣に座る弁護人を苦々しい思いで睨んでいた。その男の名はフィリップ・ストロー。42分

 

第17話 黄金の価値

突然、プロベンザの元妻リズが愛犬のフランクを連れ重犯課を訪ねてきた。ぜんそくを患うフランクの薬代を捻出するために結婚指輪を売ったと言う。42分

 

第18話 優秀な医師

ガン専門医のブレイディが診察室で殺された。点滴用のチューブで首を絞められたのだ。キャビネットの薬品がすべて消えていたことから、薬物依存症患者による強盗目的の犯行かと思われた。42分

 

第19話 最期の言葉

聖アンジェロ教会のアダム神父は臨終の儀式の依頼を受けて、とあるアパートの一室に向かう。死の床にいる信者に聖油を塗ろうとしたその瞬間、危篤であるはずの男がナイフで襲いかかってきた。42分

 

第20話 固められたウソ

路上で警官が倒れていると通報を受け、ロス市警のヘリやパトカーが現場に駆けつける。しかし倒れていたのは警官でなく民間の警備員チャイデス。至近距離からショットガンで顔を吹き飛ばされていた。42分

 

第21話 最終決着

グリフィスパークの丘の上で、5人の女性の死体が掘り出される。一番古い死体は2年以上前のもので、全員がレイプされた上に絞殺されていた。49分

 

引用元:U-NEXT

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|打ち切りの理由

CLOSER(クローザー)はシーズン7での打ち切りとなりました。その理由は低視聴率でも人間関係でもありません。主人公であるキーラ・セジウィックが降板したから

降板の理由は「7年もやっているし、視聴者が見飽きる前に終わらせたかった」とのこと。

人気があるうちに終わらせる、ということで打ち切りになったようです。

(インタビュー全文はこちら

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』の続編『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』のキャストとあらすじ

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課_1 (c)Warner Bros. Entertainment Inc.

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』はシーズン7がファイナルシーズンですが、続編(スピンオフ)となる作品があります。それが『MAJOR CRIMES(メジャークライム)~重大犯罪課』

主人公は、シャロン・レイダー。ブレンダが重大犯罪課を去った後チーフに。重大犯罪課メンバーはガブリエル以外同じキャスト。ガブリエルの代わりにエイミー・サイクスという女性が新メンバーとなります。

 

物語は、ブレンダが逮捕したフィリップストローの犯罪現場に居合わせ逃げ延びたラスティ―を警護しながら様々な事件を解決していく、という作品。いわばフィリップ・ストロー事件の解決版です。

CLOSER(クローザー)と同じキャストばかりなのに、世界観は違っていてこちらもかなり面白い作品になってます。シーズン6までありますが、ファイナルシーズンの後半は涙なしには見れない!というのが、CLOSER(クローザー)とは全く違うので度肝を抜かれましたね。

>>MAJOR CRIMES ~重大犯罪課【U-NEXTへ】

 

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』|観れるのはどこ?【配信】

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

 

海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』を観ることができるのは『U-NEXT』と『dTV』です。

配信サイト 配信状況 無料トライアル期間 字幕/吹替
U-NEXT 見放題配信中 31日間 字幕/吹替あり
dTV レンタル配信 31日間 字幕のみ

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT/dTVサイトにてご確認ください

 

どちらも無料トライアル期間がありますが、dTVはレンタル作品で字幕のみ。

字幕/吹替が選べるU-NEXTがおすすめです。

 

◆『U-NEXT』で配信されている各シーズンのページに飛ぶことができます

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン1

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン2

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン3

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン4

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン5

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン6

>>海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』シーズン7

 

まとめ|女性が活躍するお仕事系海外ドラマの決定版『クローザー』の見どころを徹底解説!あらすじ/打ち切りの理由/続編について

私がハマった海外ドラマ『CLOSER(クローザー)』についてご紹介しました。

何回観てもおもしろい!

女性が活躍するお仕事系ドラマ、週末のお楽しみにどうぞ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました