海外ドラマ『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』あらすじやキャスト、みどころを徹底解説!打ち切りの理由も【動画配信サービス】

海外ドラマ
TNT

海外ドラマ『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』|シャロンが降板した理由

長寿ドラマの宿命といえば、シーズンを重ねていく内に降板していくキャストが出てくること。

『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』で驚きなのは、なんと主人公であるシャロン・レイダー警視役のメアリー・マクドネルが残り4話というところで降板してしまうのです。

 

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

 

メアリー・マクドネルが『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』を去った理由

ファイナルシーズンの後半、物語の途中でシャロン・レイダー警視は心臓に爆弾を抱えることになります。移植手術をするため現場を離れる決意をするのですが、第9話の中で、犯人の理不尽な言い訳に対し、追い詰めるため畳みかけようと興奮したことで発作を起こして倒れてしまいます。そして病院へと運ばれるのですが、一度も蘇生することなく亡くなってしまうのです。

 

メアリー・マクドネルが『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』を降板した理由

降板と言えば、ギャラの交渉や過密スケジュール、人間関係で揉めたといったことが理由に多いですが、特にそういったことが理由ではなく脚本通りだったそうです。観ている側としては伏線はあったとはいえ、なんでこのタイミングでー⁈とびっくり!主人公が亡くなる、という衝撃はインパクトがありすぎました。

そして残り4話は涙なくしては見られない!という展開になります。(私は泣き通しでした)

 

シリーズもののファイナルシーズンは、主人公が亡くなることで続きを作れないようにする、というのはよくある話ですが、4話を残してというのはかなり珍しいケースのように感じました。

 

海外ドラマ『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課)』|打ち切りの理由

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』の視聴率は悪くなかったものの、放送局のTNTは、根本から局の方向性を見直すためシーズン6で打ち切りにしたそう。

アメリカではシーズン7の制作を求めて署名活動も行われたそうですが、存続とはならなかったのだそうです。

フィリップストローとの対決は終止符を打つし、主人公は亡くなってしまったしで続けようがないっちゃないですが、面白かっただけに残念。

 

海外ドラマ『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』|感想や評価・口コミ

 

まとめ

私がハマった女性が活躍するお仕事系海外ドラマ『メジャークライム(MAJOR CRIMES)~重大犯罪課』についてご紹介しました。

男性の多い職場の中で、バリバリと働く女性の活躍が楽しめます。また、気まずくなるラブシーンはそれほどないので家族で観る作品としてもおすすめです。

お休み中のお楽しみにどうぞ。

 

タイトルとURLをコピーしました